THE OVER

| EDIT

最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとするんだね
何もかも嫌になってしまう程 自分のことを知りすぎてるから
いつからか僕はもう 逃げようとしてた

何もないのに 兎に角ずっと 悲しくてたまらなかった
こんな時代で ありのままで生きてける訳なんてなかったし
大切な君だけは 失いたくないから 本当の自分を隠して またつくろって行く
僕はいつか失ってしまう 分かってるからもどかしいよ

テレビの中の俳優や大富豪やビッグスターなら
君を満足させれるだろう そして幸せにもするだろう
でも僕は君を想うしか無い 僕は君を想うしか無い
伝えようとして 空を眺め立ち止まる
傘をさすかどうか迷うほどの雨 思い切りの無さは 僕のようだった

諦めながら 生きてく毎日は 何をしても悲しいだけだった
誰よりも愛されたいのに 一人になろうとしてたことも
大切な君のためだったよ



伝えたい気持ちは溢れてくるのに 言葉にすればする程 違って行く
それが もどかしいんだよ

一番幸せ願って 一番哀しませてそうで
自分に自信がなかった できるだけ一人で生きてきた
でも 君だけが離せない 何故君だけが離せない
一人じゃないと 理解してしまった感情を
抑えきれないと 認めた時に なぜ涙が出たのかわからないけど
よく見れば 青空も 青一色じゃない
その複雑さは 心を映したようだ



未来へ向かうボートに乗って オールで漕ぐ僕からすれば 後ろへ進む
僕には進む先は見えない でも 君が向かいに座って見ていてくれるなら
何処に辿り着いたって 辿り着かなかったとして
未来を想像すれば だいたい幸せだった
ああ 好きだよ 君も僕を選ぶなら もう離そうとしないよ




UVERworld/THE OVER




yasuaki

スポンサーサイト

Category: オフ

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。